疲れ目で仕事ができなくなる?! ふらつきの原因とは?

こんにちは!

花子です!

 

 

疲れ目なんて大したことない、なんて思っていませんか?

確かに、ちょっと目が疲れただけなら、少し休憩すれば元に戻ることもあるでしょう。

 

でも、そんなことをいつまでも続けていれば、いつの日かどんなに休憩しても疲れが取れないままになってしまうかもしれませんよ。

私も、忙しくてついつい放っておいて、ちょっと休んだくらいでは目の疲れが取れなくなっちゃいました。

 

そうすると、次第に頭痛がしてきて、足元がふらつくようになることだって珍しくはありません。

 

もしも既にふらつきを感じている人は、疲れ目からきてるのかもしれませんよ。

ふらつきながらなんて、とても仕事にならないですよね。

ふらつきは何故起こる?

めまいにはいくつか種類がありますが、その内、疲れ目が原因で起こるものは「視性めまい」と呼ばれています。そして、この視性めまいは、非常にふらつきが起こりやすいのです。

私も、仕事で1日中パソコンをいじっているのですが、最近ふらつきが増えた気がするんですよね。

 

自律神経の乱れも原因の一つ

また、ふらつきの原因は他にも考えられます。

それは、自律神経の乱れです。

 

実は、パソコンスマホの見過ぎは自律神経の乱れを引き起こします。

パソコンスマホから発させられる強い光を浴び続けることは、自律神経の乱れにつながるのです。

 

仕事でパソコンを見るのは仕方がありませんが、普段もスマホばかり見ているのでは、目は休まる暇がなくなり、自律神経も乱れっぱなしになり、疲れ目やふらつきなどを引き起こしてしまいます。

 

私なんて仕事で毎日10時間は軽くパソコンいじっているんでストレスフルなんですよ。

 

自律神経は意外なところで活躍しています。

呼吸や体温調節などは、意識しなくても体が勝手に実行してくれますが、これらは、実は自律神経によってコントロールされています。

 

また、自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、この2つの間に微妙な優劣を付けることで、状況に応じてもっともよい状態になるようコントロールされているのです。

 

交感神経が優位であれば、集中力は研ぎ澄まされて素晴らしい仕事ができますし、副交感神経が優位になれば、リラックスして心の底からのんびりとくつろぐことができるといった具合です。

 

でも、例えば、あまりにもストレスが溜まったりすると、コントロールは上手くいかなくなってしまいます。その結果、ふらつきや、良く聞かれる自律神経失調症などになってしまうのです。

何だか理由はわからないけれども体調がすぐれないといった場合、自律神経失調症と診断されることがありますが、ストレスにより陥っている場合は非常に多いです。

 

湯船に浸かろう

このようなふらつきを発症する前に、疲れ目を解消してしまいましょう。

 

一番手軽にできるのは、ゆったりと湯船に浸かることです。

 

シャワーではなくて湯船に浸かれば、湯気で目は潤い、副交感神経が優位になります。

ドライアイに悩んでいる人も、パソコンやスマホで傷んだ眼の不快な症状から解放されることでしょう。

 

お湯の温度は、温かいなと感じる程度に準備し、のぼせる前にあがるようにすることが大切です。

 

お風呂上がりのストレッチも効果的

そして、湯上りには軽くストレッチをするのもおすすめです。

デスクワークの人なら、首や肩、腰の筋肉ばかり使って凝り固まっているはずです。

 

床の上にゴロリと寝転び、まずは右足の膝を曲げて軽く息を吸い、吐きながら左側に倒して、体の右ワキから腰にかけて、大きく伸ばしてあげましょう。

 

ここで呼吸を付ければ、さらに効果は高まります。

伸ばしている時は目を閉じておけば、目が潤ってパソコンスマホによる傷も修復されますよ。

 

疲れ目にはまずマッサージ!

また、軽くマッサージしてあげるのもリラックスにつながります。

 

第3の心臓とも呼ばれるふくらはぎなどをマッサージすれば、全身の血行が良くなって目にも良い影響を与えられます。

 

デスクワークで疲れた首などは、横に寝た状態で、上になった方の手を使って行うと楽にマッサージができますよ。

目の周りも軽くプッシュして、眼球に栄養が流れるようにしておきましょう。

 

いずれも、お金がかからず簡単にできるものばかりなので、出来れば毎日行うのがおすすめです。

その日の疲れはその日の内に解消するようにすれば、疲れを溜めて、ふらつきなど症状をひどくしてしまうこともなくなります。

 

ただし、マッサージは自分ですると疲れてしまうので、あまり頑張らないことがコツですよ。

頑張り過ぎて、肩こりがひどくなったなんてことにならないように気を付けてくださいね。

 

まとめ

  • 疲れ目は、視性めまいを引き起こす
  • パソコンスマホの見過ぎは自律神経を乱してふらつきの原因になる
  • 湯船に浸かろう
  • ストレッチやマッサージをしよう

 

疲れ目も放っておくと、めまいや自律神経の乱れにつながってしまいます。

積もり積もってしまう前に、こまめにお手入れしてあげましょう。

 

早めにお手入れしておかないと、病院通いしなくてはならなくなりますからね!

疲れは溜めないことが大事なのです!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^