疲れ目対策を怠るとものもらいに!?セルフチェックから予防法まで

こんにちは!

花子です!

 

目の病気と言われてすぐ浮かぶ程、身近なものもらい。

なったことがあるという方も多いのではないのでしょうか?

 

また、大した病気ではないと思っている方も少なくないと思います。私もそう考えていました。

 

しかし、自然に治るだろうと思っていたらどんどん悪化する場合も……。

 

実は、何気ない日常生活の中にものもらいになる原因はあって、スマホやパソコンが必需品になっている現代では誰もが深刻化する可能性があるんです!

 

今回は疲れ目とものもらいの因果関係について紹介します。

 

手遅れになる前に、自分の生活を改めてみてください。

なりやすい人チェック

一度もなったことないし、自分には縁がない病気だと思っていませんか?

また、なったことのある人も何が原因だったかはっきりしていますか?

 

ではここで、簡単にチェックしてみましょう。

 

  1. 免疫力の低い人もしくはストレスや風邪で免疫力が低下している人
  2. 普段からスマホやパソコンを長時間使って目を酷使している人
  3. アイメイクをしている人
  4. コンタクトレンズをしている人
  5. 花粉症などで目をよくこする人

 

いかかですか?

 

1つでも当てはまれば、あなたにも危険性があるのです。特に2番目に当てはまる人は多いと思います!

 

つまり、疲れ目とものもらいは切っても切れない関係なのです。

 

ものもらいの症状と悪化する原因

あまりによく聞く病気ほど、意外と知らなかったりしますよね。

 

ものもらいの症状は簡単に言うと、目の一部で炎症が起きて腫れている状態です。その炎症の原因はまぶたにある常在菌です。

 

初期の症状は目がゴロゴロしたり、まぶたの一部を触ると痛かったりします。また、初期の場合は自然治癒することも少なくありません。

 

そういうとあまり怖い病気だとは思えませんよね?

 

しかし、自然治癒する場合というのはあくまで安静にして目をしっかりと休ませた場合です。

 

普段から、コンタクトを長時間つけたり、スマホやパソコンをずっと使っていたりする方がそのままそれを続けていたら悪化していく一方です。

 

炎症が広がるとまぶた全体が腫れ、白目まで充血してきます。さらには、切開して膿を出さなくてはいけないケースに発展することも。

 

目の周りを切るなんて想像するだけでも恐ろしいのですよね!

 

しかも、日々の生活を見直さないとまたすぐ再発してしまう可能性があるんです。そのためには、予防と対策が必要になってきます。

 

予防と対策

ものもらいが誰でもかかる病気だということはわかってもらえたと思います。

では、予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

しかし予防のためにメイクをすることやコンタクトの使用を控えるのは難しいですよね。

 

そういった方は、メイクをしっかり落とすことやコンタクトレンズを清潔に保つことを意識してください。

 

それだけで目への負担が軽減することができ、菌の繁殖も防ぐことができます。

 

しかし、お仕事で一日中パソコンと向き合っている方はパソコンを使わないなんでことはできないですね。

 

そんな方にオススメなのが普段から疲れ目対策をすることです!

 

目の病気は目の疲れからきているので、普段から疲れにくくすることが大事になってきます。

 

  1. 規則正しい生活をする
  2. 栄養バランスのとれた食事を取る
  3. 目に良いサプリメントを摂取する
  4. 長時間目を酷使した場合は必ず休む時間を取る

 

簡単なようで、日々の生活を見直して習慣化するのはなかなか難しいことですね。

しかし、考えてみてください。このままの生活を送って、ものもらいになった時に重症化したら……。

 

そういった方には特に3番目のサプリメント摂ることを実行してみてほしいと思います。

 

目に良いサプリメントの成分とは?と思う方もいると思いますのでいくつかご紹介します。

 

まずは有名な成分でもあるアントシアニンです。効果は眼病予防全般で、まさに万能ですね。

 

次にビタミンAです。これは目の疲れに効果的です。普段から疲れ目に悩んでいる方にオススメです。

 

他にもビタミンBやビタミンCなどは目の新陳代謝を促進したり、粘膜を強くしてくれたりする効果があります。

 

こういった成分の含まれたサプリメントを摂取することで手軽に目を守ることができるのです!

もちろん食事から摂ることもできますが、毎日続けるにはサプリメントが一番オススメです。

 

私が疲れ目対策として飲み続けているサプリのレビュー記事はこちらです!

DESK RAKU~デスクラーク~を一週間飲んでみた結果

 

まとめ

今回は、疲れ目とものもらいについて紹介しました。

要点をまとめると以下の3つの通りです。

 

  • 誰でも危険性があり、特に疲れ目とものもらいは切っても切れない関係
  • ものもらいは疲れ目によって悪化していく
  • 予防と対策が大事で手軽にできるのはサプリメントを摂取すること

 

疲れ目を放置してものもらいになったり、悪化したりさせたくないですよね?自分の日々の過ごし方を見直してみてはいかかでしょうか。

 

P.S.

ものらいになると気になって仕方がないですよね笑

仕事とかしていたら特に気になって集中できなくて、

 

「今大事な仕事しているのに気になる!!」

 

ってなってしまいますよね。

 

今回の記事で紹介した通りものもらいの原因には、

疲れ目が関係しているかもしれません。

 

疲れ目はものもらいだけでなく

普段の生活においても支障が出ることもあり、

悪化していけば病気になって失明することもあるそうです。

 

サプリは医学的に疲れ目を治す効果はないのですが、

目の健康を助けるための栄養がたっぷり入っている

のでサプリを飲むことによって目の疲れを防いだり軽減することができるんです!

 

私自身、サプリの効果を全然信じていなかったのですが、

目の健康を怠ると病気になって失明する可能性があると聞いてから、

サプリっていうのも対策としてちょっとやってみようかな、

とおもって飲み始めてみたんですね。

 

すると、私が思っていたよりもかなり効果を感じることができて、

すごく感動したんです!

 

飲むだけでこんなに目の疲れが楽になるとは思わなかった。。。

 

そう思わずにはいられなかったです。

 

それからというものの私はサプリを飲むことに味を占めて、

今ではなくてはならないものにまでなってしまっています笑

 

客観的にみると薬物中毒者のように感じるかと思いますが、

あくまでサプリなので健康に害のある成分は一ミリも含まれていません笑

 

むしろお医者さんが処方してくれる薬の方が体に悪いものが入っているのが現実です。

お医者さんって薬を扱える資格を持っているので、

悪く言えば体に悪いも成分も扱えるのです。

 

逆にサプリのほうが安全かもしれません笑

私は医療従事者じゃないので正確なことは言えないのですが、

知り合いのお医者さんがそう言っていたので間違いないと思います。

 

そういうこともあって私はお医者さんにかからないためにもサプリを飲み続けています。

 

と、いうわけでサプリのレビュー記事を3週間にわたって書きました!

本当にお気に入りのサプリなんです!

一番効果を実感したのは飲み始めてから1週間のときなので第2回の記事が一番おススメです。



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『当の昔のこと』


と思えるぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^