疲れ目で眼圧が上がる! ?最悪の事態を避けるためにできることとは?

こんにちは!

花子です!

 

スマホやパソコンの見過ぎで、疲れ目になることがありますよね。

でも、症状が軽い内は一晩眠れば回復するけれど、あまり酷使しすぎれば自然には治らなくなってしまうこともあります。

 

単なる疲れ目と放っておくと、少しずつ症状は深刻になって、場合によっては最悪の事態となることも・・

 

そんなことにならないために、疲れ目について知識を増やし、改善する方法を学んでいきましょう!

目の病気で一番怖いものは・・

疲れ目も、医療の世界では、

  • 眼疲労  一晩眠れば回復する範囲のもの
  • 眼精疲労  一晩では回復しなくなった状態

と区別しています。

 

目の病気で一番怖いものといえば、なんといっても失明してしまうことですよね。

そして、その可能性が高いのが、緑内障です。

 

目が見えなくなったら本当に困ります。

度合にもよりますが、生活はそれまでと一変するに違いありません。

 

今まで普通に出来たことができなくなって、何をするにも助けが必要となり、かなりの不自由を感じることでしょう。

私だったら、趣味の読書もできなくなってしまうということです・・これは辛い!

 

そんな事態に発展しない前に、しっかりと対策を取る必要があると思いませんか?

 

疲れ目で失明する・・!?

眼精疲労になったとして、そこでも何もせずにいれば、眼圧が高くなることがあります。

 

眼圧とは、眼球の圧力のことです。

といっても意味が分かりませんよね。

 

眼球は、房水(ぼうすい)という液体が入っているのですが、その量が多くなると「眼圧が高い」状態になります。

房水でパンパンになると眼球は硬くなり、視神経を圧迫するなどして、緑内障や白内障など、さまざまな症状が現れてくるのです。

 

その最たるものが失明なのです。

 

でも、検査で眼圧が高いとなっても、実際には房水がパンパンになっていないことがあります。

 

この場合、どんな状況になっているかといえば、眼球の周囲にある筋肉が硬くなった状態です。

 

眼球の周囲には、眼球をグルグル動かすためにたくさん筋肉が付いていて、それらは眼球の奥で一つに束ねられています。

 

目の奥が痛い、などと感じる時には、眼球周囲の筋肉が硬くなっていることが多いです。

 

その結果、眼圧が高いという結果が出ることがあるのです。

 

緑内障ってどんな病気?

失明に至ることもあるのが、緑内障という病気です。

 

珍しい病気ではなく、日本には200万人もの人が緑内障にかかっているともいわれています。

でも、80%の人は放置しているのだとか・・

 

急激に症状が進む場合もありますが、ゆっくりジワジワと進んでいく場合もあり、20年も気づかずに経過すれば失明してしまうことも・・!

 

緑内障は性差のある病気で、女性の方がかかりやすく、年齢が上がるとともに発症の度合いも高くなります。

 

目安として、老眼と重なる40歳以降は特に注意が必要です。

 

  • 眼精疲労に加えて肩こりや頭痛もしてきた
  • 昼なのに暗く思える
  • 常に目がかすむ
  • 新聞を読んでいて文字を読み飛ばすようになった

 

こんな症状が見られたら、眼精疲労がかなり進んでいる証拠です。

 

眼圧はどうして高くなるの?

また、眼精疲労以外にも、眼圧が高くなる原因がいくつかあります。

 

眼球の中にある房水は、実は常に流動的に出入りしています。

その出口となっているのが「隅角(ぐうかく)」という穴です。

 

しかし、人によっては生まれつきこの穴が小さい人もいれば、何らかの原因で穴が小さくなってしまうことがあります。

 

すると、当然房水は出ていきづらいので、眼球はパンパンになりやすくなります。

 

残念ながら、何らかの原因というのは今のところわかっていないようですし、生まれつきであれば気を付けようにも限界があります。

 

しかし、生まれつきなどでない場合は、生活を見直すことで眼圧の上昇を緩やかにすることができますよ。

 

例えば、

  • 脂質の摂り過ぎ
  • 食生活が不規則
  • カフェインの摂りすぎ
  • アルコールの摂り過ぎ
  • 睡眠不足
  • ストレスが多い
  • タバコ
  • 運動不足

 

こんなことをしていると、眼圧は猛スピードで上昇していってしまいます!

 

生活習慣病の一つ!?

脂質の摂り過ぎに睡眠不足、ストレスと、何だかメタボの原因でよく言われるものだと思いませんか?

 

そうなんです。

実は、緑内障はメタボなどと同じく、生活習慣病の一つなんですよ。

 

急に身近に感じてしまいますが、失明という衝撃の事態を防ぐためには、生活習慣を正すことも重要なポイントになっているというわけです。

 

まとめ

  • 目で一番怖いのは失明の可能性もある緑内障
  • 疲れ目も放っておけば症状はどんどん進む
  • やがては眼圧が高くなり緑内障になることも
  • 緑内障は生活習慣病の一つ
  • 規則正しい食生活は基本中の基本

 

疲れ目も、放っておけば眼圧が高くなってまさかの失明という事態もあります。

健康だと気づきづらいのですが、目にも休息が必要です。

私も、今日から早めにパソコンを閉じてすぐ寝るようにします!

 

P.S.

今回の記事ではちょっと怖い目の病気についてご紹介しました。

 

でも、毎日ちょっとだけ手間をかけるだけで、

目の病気になる可能性を極限まで下げることができるのです。

 

それはサプリメントを飲むことで対策できます。

 

サプリメントは目の健康を助けるための栄養がたっぷり入っているので、

疲れ目の対策としてはバッチリなんですね。

 

サプリは飲むだけでいいので、

ツボ押しとかいろんなグッズを買って実践するよりもずっとラクです。

 

ちょっとだけ自分の健康に投資するだけで、

この先一生目の健康で困ることはなくなるので、

私はサプリメントを飲み続けています。

 

確かにちょっとお金はかかってしまうのですが、

月々1000円ぐらいで病気を防ぐことができるのであれば安いものだ!!

と自分に言い聞かせてサプリを飲んでいます笑

 

私は30代なのですが、

30代後半ぐらいになったら老眼が始まるのではないかと、

今から不安になっています。

 

老眼というのは目の酷使することによって、

目のピントを調節する機能が失われて行くことで進行します。

 

なので、

疲れ目対策=老眼対策

にもなるのです。

 

老眼になってしまったら将来孫ができたときに、

「自分の可愛い孫の顔がはっきり見えなかったら悲しいな。」

と思いますし、

大好きな読書も満足にできなくなることを考えるとちょっと嫌だなと思うんですね。

 

逆にこの先ずっと目の健康に困らないのであれば、

可愛い孫も読書も穴が開くほど見ることができます笑

 

だから私はサプリを飲み続けています。

 

そんなサプリ大好きな私が飲んでいるサプリを3週間にわたってレビュー記事を書きました。

一番効果を感じたのは飲み始めてから1週間たった時なので第2回の記事が一番おススメです!

 

あなたの眼の健康に役に立てればうれしいです!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^