疲れ目とクマで悩む方必見!知らないとクマが消えない?疲れ目とクマの関係!

どうもです!

花子です!

 

疲れ目がクマの原因になることを知っていますか?

わたしは、疲れ目とクマに長い間悩まされていますが、疲れ目がクマの原因になることを知りませんでした。

 

疲れ目の原因は公私問わずパソコンやスマートフォンを利用していることで、クマの原因は睡眠不足であること。

長い間そう思っていて、仕事が休みの時には睡眠不足を解消するために長く睡眠時間をとる努力をしていました。

でも、睡眠時間を長くしてもクマは全く改善されず、もうどうしようもないと諦めてしまっていました。

 

だけど、疲れ目について色々調べている中で疲れ目でクマになるということを知りました。

「疲れ目で目が痛くなったりするけど、それがクマの原因になるの?どうして???」

疲れ目とクマに関係性があるなんて全く思っていなかったので、すごく驚いてしまいました。

疲れ目が改善されれば諦めていたクマも解消できるかもと思い、疲れ目とクマの関係について調べた内容をまとめました。

 

疲れ目とクマの両方にお悩みの方、必見です!

 

クマにも種類がある?タイプ別の特徴

クマは、見た目の色で4つの種類があることを知っていますか?

色によって原因も違うので、原因と見分け方を合わせて紹介しますね。

 

黒クマ・・・むくみやたるみが原因。

       顔を上に向けると薄くなる。

 

茶クマ・・・シミやくすみ、色素沈着が原因。

       目の周りを引っ張っても、クマが薄くならない。

 

青クマ・・・血行不良が原因。

       目の周りを引っ張ると、クマが薄くなる。

 

赤クマ・・・血行不良が原因。

       目の下が赤くなる。

 

青クマと赤クマは同じ血行不良が原因ですが、なぜ色が違うのかわかりますか?

それは、うっ血する血管が異なるからです。

  • 青クマ・・・静脈のうっ血
  • 赤クマ・・・静脈と動脈のうっ血

そのため、同じ血行不良が原因でも皮膚にあらわれる色が異なっています。

 

あなたのクマは、どのクマでしたか?

わたしのクマは赤クマでした。

鏡を見ると目の下が赤くなっているので、とてもわかりやすかったです。

 

この中で、疲れ目が原因になるのは青クマと赤クマになります。

なぜなら、疲れ目の症状に目の周りの血行不良があるからです。

疲れ目の原因のひとつに、パソコンやスマートフォンの使いすぎによる目の酷使があります。

長時間パソコンやスマートフォンの画面を見続けていると、目の筋肉が硬くなることで目の周囲の血行が悪くなってしまい、それがクマの原因になるのです。

 

わたしは全く知りませんでしたが、クマの原因っていろいろあるんですね。

疲れ目以外が原因になっているのもあるので、自分がどのクマなのかをきちんと把握することが大切です。

 

わたしが実践している血行不良のオススメのケア方法3選

赤クマと青クマの原因である疲れ目に効果のあるケア方法をご紹介します。

わたしは、目のストレッチや目のツボ押しは目が疲れていると感じた時に、目の周りを温めるのは寝る前にやっています。

どれも簡単な方法なので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね。

 

目のストレッチ

まず、目をぎゅーっと閉じてから、ぱっと大きく開くのを、3回繰り返します。

次に、右回りと左回りとそれぞれ1回ずつ、両目をぐるりと回してください。

この2つの目の動きを、数回繰り返してください。

 

目のツボを押す

疲れ目に効果があるツボをつ紹介します。

  • 清明(せいめい)・・・目頭の少し鼻よりのところにあるくぼみ
  • 攅竹(さんちく)・・・目頭の真上で、左右の眉頭の内側にあるくぼみ

このつぼを、自分が気持ちいいと思う強さで、指の腹を使ってゆっくり押して離してを繰り返してください。

何回か繰り返して押していると、押した周囲がじんわり暖かくなってきて、気持ちよさを感じます。

 

目の周りを温める

電子レンジで作る蒸しタオルを使うのがオススメです。

タオルを水で濡らしてしっかりしぼり、レンジで30秒ほど温めてください。

熱すぎるとよくないので、最初は少なめの秒数で加熱して、様子を見ながら少しずつ加熱していくのがいいですよ。

 

目のストレッチやツボ押しをすると疲れ目が少し楽になるので、仕事の合間やスマートフォンを見続けている時にやるのがオススメです。

血行を良くするという点では、目の周りを温めるのが効果があります。

仕事が残業続きで疲れてしまい、蒸しタオルを用意するのが面倒になってあまりやっていなかったんですが、クマに効果があるのならと毎晩やるようにしました。

効果はまだ実感できていませんが、目の周りを温めるのはすごく気持ちがいいですよ。

 

今すぐ目立たなくしたい!そんな時にはどうしたらいいの?

蒸しタオルやツボ押しで血行不良の改善はできますが、1回やっただけでクマがなくなるということはありません。

毎日の習慣にすることで、症状が改善されていくものです。

 

でも、時にはそんなに悠長にしていられないって時がありますよね?

例えば、意中の人とデートをする時はキレイな自分で会いたいものです。

クマが目立つ顔だとキレイではないし、自分に自信も持てなくなってしまいます。

わたしは、化粧直しのために行ったお手洗いで、鏡に映った自分の顔のクマの酷さにショックを受けることがあります(涙

クマが酷い顔をいろんな人に見られていたのかと思うと、本当にショックで・・・

 

そうならないための、ごまかしの方法がコンシーラーを使用することです。

青クマと赤クマに効果的な色を紹介しますね。

  • 青クマ・・・オレンジ系
  • 赤クマ・・・イエロー系・グリーン系

クマの色にあったコンシーラーを使わないと、せっかくコンシーラーを塗ったのに何も変わらない、むしろ余計に目立ってしまうことになるので注意してください。

 

わたしは、どうしてもクマが気になってしまうので、毎日コンシーラーを使用しています。

コンシーラーを使っても完璧には消えませんが、薄く目立たなくはなりますよ。

 

まとめ

クマには、色と原因によって、黒クマ・茶クマ・青クマ・赤クマにわけられます。

このうち、疲れ目による目の周囲の血行不良が原因になるのが、青クマと赤クマです。

 

疲れ目が原因のクマを解消するには、疲れ目を解消する必要があります。

疲れ目の解消にオススメなのは次の3つのケア方法です。

  • 目のストレッチ
  • 目のツボ押し
  • 蒸しタオル

 

一番いいのは地道に疲れ目ケアをして疲れ目を解消させることです。

でも、すぐに隠したい時には、コンシーラーを使用するのがオススメです。

 

クマって本当に嫌ですよね。

目の下にクマがあると、顔色が悪く見えたりふけこんで見えたりして、よいことがありません。

人は見た目が100%とは思いませんが、クマがあるだけで見た目がぐっと悪くなってしまいます。

例えば、同窓会で集合写真を撮ったとき、クマのせいで自分が他の人よりぐっと老けて見えてしまうのは悲しいですよね。

そうならないためにも、今回紹介したケア方法で疲れ目の解消をしてください。

 

疲れ目ケアをさぼり気味でしたが、わたしもクマ解消のためにがんばります!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^