疲れ目だけじゃない!まぶしいと感じた時に疑うべき3つの病気

どうもです!

花子です!

 

わたしは、普段から一日中パソコンとにらめっこしながら仕事をしているので、日々疲れ目の症状を感じています。

ふとした時に目の痛みを感じたり、目の周りの皮膚がぴくぴくしたり・・・

ひどい時には頭痛を起こしたりもします。

 

そんな感じで疲れ目と長いお付き合いをしているわたしですが、わたしが感じたことのない症状で「疲れ目でまぶしいと感じることがある」ことを知人に教えてもらって初めて知りました。

今まで何とも感じなかった太陽の光や照明の光を、まぶしく感じてしまうそうです。

わたしは今までそういったまぶしさを感じたことはなかったので、そんな症状もあるんだ!とすごく驚きました。

 

そして、どうして疲れ目でまぶしいと感じるのか気になって調べていると、まぶしいと感じるのは疲れ目よりもっとこわい目の病気の可能性があることもわかりました!

 

なぜ疲れ目でまぶしいと感じるのか?

そして、まぶしいと感じる時に疑われる病気は何なのか?

調べた内容をまとめてみました。

 

どうして疲れ目でまぶしいと感じるの?

ずばり、「疲れ目により瞳孔(どうこう)が正常に働かなくなるから」です。

 

瞳孔は、目に入る光の量を調節してくれる機能があります。

  • まぶしい時・・・・瞳孔を閉じて目に入る光の量を減らす
  • 暗い時・・・・・・・・瞳孔を開いて目に入る光の量を増やす

 

疲れ目により瞳孔が正常に働かなくなり、まぶしい時に瞳孔を閉じて目に入る光の量を減らすことができないために、今までまぶしさを感じることのなかった太陽の光や照明の光をまぶしいと感じてしまうのです。

こうならないためにも、目のストレッチなど疲れ目の解消方法をしっかり実践しておくのが重要です。

 

ですが、まぶしいと感じるのは、疲れ目以外にも次のような病気の可能性もあるので要注意です!

 

危険!まぶしいと感じる時に疑うべき病気

ドライアイ

症状

ドライアイになると、目がゴロゴロしたり、物がかすんで見えたり、目が乾いたり、といった症状があらわれます。

また、涙が不足することによる目の乾燥が原因で、目に傷ができてしまいます。

そして、その傷から菌が入り込んで、他の目の病気になる可能性があります。

ドライアイをほおっておくと、もっとこわい目の病気にかかるかもしれないなんて、びっくりですよね。

 

まぶしさの原因

まばたきの減少や乾燥、コンタクトレンズの使用などにより、目を保護するための涙が不足したり、涙の栄養の質に異常が起こると、目の表面が乾いてしまいます。

乾燥により目の表面がでこぼこすることで、光が乱反射してまぶしいと感じてしまいます。

 

白内障

症状

霧がかかったように物がかすんで見えたり、もやがかかったように物がぼやけて見えたりといった、視野がぼやけるような症状があらわれます。

原因として多いのは、老人性白内障ですが、先天性や外傷性などの原因もあるので、若いから大丈夫といったことはありません。

白内障は、治療をしないと失明してしまうこわい病気です!

失明してしまうと、この先ずっと仕事も趣味も楽しむことができなくなってしまいます。

ですが、治療をちゃんとすれば失明することはないので、安心してくださいね。

 

まぶしさの原因

水晶体は目の中でカメラのレンズの役割を果たしていて、主にたんぱく質と水分からなっています。

通常は透明で光をよく通しますが、加齢などによりたんぱく質が偏性して白く濁ってしまいます。

この時の水晶体の濁り方がまだらだと、目に入ってきた光がうまく屈折できず網膜(もうまく)に届かなくなることで、まぶしいと感じることになります。

 

ぶどう膜炎

症状

ぶどう膜に炎症が起こると、まぶしいと感じたり、視力低下、目の痛み、充血などの症状があらわれます。

原因は、ベーチェット病などの免疫異常の病気や細菌・ウイルスによる感染など様々です。

治療を開始しても数日で治ることはなく、数ヶ月から数年かかることもあり、最悪の場合は失明をしてしまうこともあります。

失明をしてしまう可能性があるなんて、名前の可愛さとは正反対でとてもこわい病気ですね。

 

まぶしさの原因

ぶどう膜は眼球を包んでいる膜のひとつで、虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)・脈絡膜(みゃくらくまく)などの重要な機能を持つ部分が含まれています。

この中の虹彩は、入ってくる光の量を調節する機能を持っています。

そのため、ぶどう膜に炎症が起きると、虹彩にも影響が出て光の量をうまく調節できなくなることでまぶしさを感じます。

 

症状が出たらまずは病院へ!

今までなんとも思わなかった太陽の光や照明の光を、まぶしいと感じるようになった時には次のような病気の可能性があります。

  • 疲れ目
  • ドライアイ
  • 白内障
  • ぶどう膜炎

 

わたしは疲れ目でまぶしさを感じたことがありませんが、記事を書きながらどういう風になるのかな?と想像していました。

 

例えば、夜になって照明を付けた時。

その照明の明るさに「まぶしい!」と感じて、きっと照明を薄暗くすると思います。

そうすると、趣味の読書をすることはできないですし、そんな薄暗い中で料理をしたりするのも包丁で指を切ってしまいそうですごく怖いです。

目の病気のせいで、日常生活がすごく不便になり、趣味も仕事も今までのように楽しめなくなるってしまう・・・、そんなストレスがたまり続ける日々を思うとぞっとします。

 

そうならないためにも、まぶしさを感じて少しでも不安に思うことがあったら、眼科を受診しましょう!

病院に行くことに対して、忙しくて時間をなかなか作れない人や、面倒で足が重くなってしまう人もいると思います。

ですが、白内障とぶどう膜炎は失明の可能性があるおそろしい病気です。

これからの長い人生を楽しく過ごしていくためにも、不安になったら病院に行ってくださいね。



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^