あなたの疲れ目の原因はドライアイだった!?ドライアイの花子流予防法ベスト3

どうもです!

花子です!

 

わたしは、毎日パソコンとスマートフォンを使用して目を酷使している、慢性的な疲れ目の持ち主です。

年を取ってきたからなのか、以前より目が疲れていると感じることが多くて・・・(涙)

それでも、パソコンとスマートフォンを触るのはやめられないので、疲れ目に効くいいものはないかといろいろ調べています。

 

そうしていろいろ調べている中で、ドライアイが疲れ目の原因になることを知りました。

わたしはドライアイではありませんが、ドライアイがどうして疲れ目の原因になるのか気になったので、理由を調べてその内容をまとめてみました。

疲れ目とドライアイに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

ドライアイの症状を知ってますか?

ドライアイは、涙の量が不足したり、涙の成分のバランスが崩れることによって、眼球の表面が乾いてしまう病気です。

涙は悲しい時や嬉しい時に流れるだけでなく、眼球の表面をおおって目を守るバリアのような働きもしてくれています。

 

ドライアイになると、

  • 目が乾く
  • 目が疲れやすくなる
  • 物がかすんで見える
  • 目がごろごろする

といった症状があらわれます。

また、ドライアイが進行すると、視力低下や目の痛みがおこったり、角膜が乾燥してはがれてしまったり、最悪の場合は失明してしまうこともあります

 

ドライアイってちょっと目が乾燥するけどたいしたことはないと思ってしましたが、角膜が剥がれたり失明したりする、とてもこわい病気なんです。

角膜がはがれると、救急車を呼ぶレベルでかなりの痛みを伴います。

そして、もし失明してしまったら、大事な家族の顔を見れなくなり、仕事もできなくなり、今までどおりの生活を過ごせなくなってしまいます。

そうならないためにも、たかがドライアイとは思わないで、しっかり予防をするのが大切です!

 

ドライアイになる4つの原因

ドライアイの原因は色々ありますが、代表的なものに次の4つがあります。

 

高齢化

加齢とともに涙の量が減少してしまうためです。

 

エアコンの使用

エアコンを利用して部屋が乾燥していると目も乾燥しやすくなるからです。

 

パソコンやスマートフォンの利用

長時間、画面に集中していることでまばたきの回数が減ってしまい、目が乾燥しやすくなります。

目と画面の距離が近づけば近づくほど、目にダメージを受けてしまいます。

 

コンタクトレンズの利用

特に長時間のコンタクトレンズの利用は、角膜や結膜に負担がかかり、ドライアイの原因となります。

負担がかかると、角膜に傷がついたりはがれたり、ドライアイ以外の目の病気の原因にもなってしまいます。

 

「自分に当てはまるかも・・・」と思うものはありましたか?

わたしは、コンタクトレンズ以外のすべてが当てはまっていました(涙)

今は大丈夫でも、加齢が原因になるためこの先ずっと安心、というわけにはいかないのが嫌ですよね。

ドライアイにならないためには、しっかり予防をしていくことが大切です!

 

ドライアイにならないための予防法3選

ドライアイにならないために、簡単にできる予防法を紹介します。

 

定期的に目を休ませる

パソコンやスマートフォンを長時間見ていると、瞬きの回数が減ることによって目が乾燥しやすくなってしまいます。

そうならないために、定期的に休憩を挟んで目を休ませてあげだくささい。

1時間に1回10分程度が目安です。

でも、仕事中だったりするとなかなか難しいですよね。

そんな時は、意識的にまばたきをするようにするだけでも効果がありますよ。

 

部屋の湿度をあげる

エアコンなどにより部屋の湿度が下がると、目も乾燥しやすくなってしまいます。

加湿器を利用して、部屋の湿度を保つようにするのがおすすめです。

冬場でストーブをつけている時には、濡れタオルを干すのもいいですよ。

 

コンタクトレンズの過剰使用を避ける

長時間の使用は、角膜や結膜に負担がかかってしまいます。

難しいと思いますが、なるべく使用をしないようにするのがベターです。

また、度が合わないものを使用しているもの良くないので、違和感を感じたら度数が自分に合っているかを、眼鏡屋さんや眼科に行って一度確認してみてください。

 

休憩を挟んだり部屋の湿度をあげたりは、ドライアイと関係なく実践している人も多いのではないでしょうか?

わたしは、忙しい時でなければ定期的にコーヒーを買いに行ったりトイレに行ったりして目を休めたり、湿度が低い時には加湿器をセットしています。

どちらもドライアイ対策でやっていた訳ではなく、長時間パソコンに向かっていると肩や腰が辛いので体を動かしたいのと、湿度が低いと肌が乾燥してぼろぼろになるからやっています(笑)

わたしは、この予防法を実践してドライアイになっていないので、効果がありますよ!

 

まとめ

ドライアイは、涙の減少や成分のバランスが崩れることにより目の表面が乾燥してしまい、目が乾燥したりごろごろしたり、かすんで見えずらくなるといった症状があらわれます。

こうした時に、物を見るのに無理やり焦点を合わせようとして無意識に目の周りの筋肉を使うことで、目を酷使ししてしまい、この積み重ねで疲れ目になってしまうのです。

疲れ目のうちなら少し休息をとれば治りますが、症状が悪化して眼精疲労になってしまうと、なかなか治すことができません

 

もしもあなたが、「ドライアイかもしれない」と思ったら、まずは眼科に行って診断を受けるのをおすすめします。

自分では本当にドライアイか判断できないですし、もしかしたらもっと違う目の病気の可能性もあります。

目がちょっと痛い、少しいがいがする、で済めばいいですが、最悪なパターンではドライアイがきっかけで失明することもあるんです!

 

あなたの目を守れるのはあなただけです。

予防をしっかりして、症状が出たら病院に行き、しっかり守ってあげてくださいね。



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^