視力低下しないためのスマホの使い方で気をつけるべき3つのポイントとは?

どうもです!

花子です!

 

毎日手放せないスマホ。単なる連絡手段だけでなく、これ一つで調べ物やゲーム、買い物までなんでもできちゃうからこそ、現代人の必需品になっています。

 

私も休みの日に友達と連絡をとったり、SNSを更新したり、ゲームをしたりして……気がついたら一日中スマホしかしてない!なんてこともよくあります。しかし、一日中スマホをしていると目は乾燥するし、更には目の奥がジーンと痛くなってきて、目の疲れをどっと感じるんですよね。

 

そうは言っても一時的なものだと思って、そのままにして生活をしていました。元々目が悪く眼鏡をかけていたのですが、なんとなく見えにくくなったような気がして、新しく作ったところ視力がかなり低下していたのです!

 

大人になってから視力がそんなに悪くなることがなかったので油断していました。それからは視力の低下しないスマホの使い方を調べて、目を大事にしていくように改善しました。

 

ここではスマホの何が視力低下に繋がるのか、そしてついついやってしまいがちなNG習慣、そして適切な休め方を紹介します。

 

一体スマホの何が悪いの??

スマホを使っていると視力が低下するということは言われていても、急激に目が悪くなる人もいれば、全然悪くない人もいます。この違いは何だかわかりますか?

 

それはずばりスマホの使い方の違いです!必需品だからこそ、スマホとの上手な付き合い方を身につける必要があります。

 

そしてそのためには、スマホの何が目を悪くするかを理解することが大切になります。視力低下に繋がるポイントは大きく分けて3つあります!

 

ブルーライトによるダメージ

ブルーライトは目に見える光の中で最も強い光です。これを浴びつつけることによって目に大きく負担をかけることになります。

 

姿勢の悪さからくる血行不良

スマホを触っていると、背中が曲がっていたり首が前に出たりと姿勢が悪くなりやすいです。そのままでいると、目の周りの血行が悪くなって目の疲れが取れにくくなります。また、目だけでなく全身の血流も悪くなるので肩こりや頭痛などの症状にも繋がります。

 

近くを長時間見つめることで目が疲れる

同じ場所を見続けることも目には大きな負担がかかります。スマホと目の距離は40センチ程度が良いと言われています。しかし、それだけの距離を話すことは意外とできていない人が多いです。

 

言われたら確かに目に良くないことがよくわかりますよね。これらが積み重なって、視力はどんどん低下していくのです!

具体的にどんな使い方がダメなのかは次に紹介します。

 

あなたは大丈夫?ついついやりがちなスマホのNG習慣!

スマホはなんでもできるからこそ、ついつい触ってしまいがちになりますよね。しかし、一日中何も気にせずスマホを使っていると、目はどんどん疲れていくのです。簡単にチェックリストを作ってみました。

 

 

  • 空き時間があったら常にスマホを見ている
  • 連絡に返信するだけのつもりがSNSをしたりゲームをしたりしてしまう
  • 気がついたらスマホと顔の距離が近くなっている
  • ゲームなどで長時間同じ姿勢でスマホをしている
  • 寝っ転がりながらスマホをしている
  • 寝る直前までスマホをしている

 

 

いくつ当てはまりましたか?

実はこれは以前の私の使い方を元にしています。今考えると、一日中目に休む間を与えていなかったのだとわかります。ブラック企業顔負けの労働条件ですね(笑)

 

これらすべてが今後一切ダメというよりは、「あっこれはダメな使い方だ!」と気づいて少しずつ改善することが大切になります

そして、そうしながら同時に目を休めてケアをしていくと目の負担が軽減できて、疲れ目とオサラバすることができるのです。具体的なケアの方法は次に紹介します。

 

目を休めるってこんなにも簡単だった!私が試した3つの方法!

そもそも私自身が、視力低下という痛い目を見るまで、目のケアをしてこなかったかというと、面倒くさいと思っていたという一言に尽きます。

そう言っていられない状況になった今でも、難しいことは何一つしていません!目を休めるのに手間がかかっていては続けられないですからね。

 

そんな私がやっている方法を3つ紹介します。

 

定期的に遠くの景色を眺める

スマホばかりしていると近くを見る癖がついて、遠くを見ることが減っていました。理想は1時間に1回程度、遠くをぼーっとみることです。いつも見ている風景のはずなのに、意外と毎日違うところがあって新しい発見があって面白いです。それだけで目が疲れにくくなりました。

 

ストレッチをする

私は普段から猫背でいることが多いので、首から肩にかけて凝り固まっています。そのあたりの血流が悪くなると、その上の目の周りの血流も悪くなると知ってからは、疲れを感じたときに肩をぐるぐる回して肩甲骨のあたりを動かすようにしています。続けるようになってからは、目の奥のコリがほぐれて疲れ目も改善されました。

 

ホットタオルをする

今日は目を酷使したなという日にはホットタオルを使って、疲れを取っています。濡らしたタオルをレンジでチンするだけで出来て手軽です。乗せてしばらくすると目の周りの血の巡りが良くなって疲れが流れていきます。また、レンジでチンしている間に先程紹介した遠くを眺めたりストレッチをしたりすると無駄な時間もゼロで良いですよ!

 

どれも簡単な方法なので、試してみる価値があります!また、どれもお金がかからないところが魅力です。

 

まとめ

今回の記事のまとめは

  1.  スマホによる視力低下は、おもに3つの要素があり、ブルーライト、長時間同じ姿勢でいること、近くを見続けることである
  2. NG習慣に気づくことで、使い方を改善していくことが大事
  3. 遠くを眺める、ストレッチ、ホットタオルの3つで簡単に疲れ目のケアができる

 

毎日使うスマホだからこそ、使い方が大事です。スマホは上手く使っていけば、疲れ目で悩むこともありません。私のように視力低下して後悔してから対策をするよりも、今からしっかり対策をして便利なスマホを最大限活用していきましょう。



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^