飛蚊症の原因はブルーライト?飛蚊症にならないための2つの予防法

どうもです!

花子です!

 

パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる目の酷使で、疲れ目や眼精疲労になるのは大勢の方が知っていることだと思います。

それでは、パソコンやスマートフォンのブルーライトが原因で飛蚊症(ひぶんしょう)になる、というのは知っていますか?

 

恥ずかしながらわたしは飛蚊症を知らなかったのですが、調べてみると飛蚊症は一度発症すると治療が難しい目の病気だとわかりました。

しかも、失明の可能性のある病気の前兆の可能性もあるんです

 

なので、この機会に飛蚊症についてきちんと知っておきましょう!

症状や原因、予防法も合わせてご紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

飛蚊症ってどんな症状?原因は?

飛蚊症とは、点状や糸状の浮遊物が常に視界に入ってきてしまう病気です。

この浮遊物が蚊のように見えることから飛蚊症という名前が付けられています。

この浮遊物は、一度症状が出てしまうとなくなることがありません

 

飛蚊症の原因には以下の2つがあります。

 

生理的飛蚊症

飛蚊症の中で、一番多い原因が生理的飛蚊症です。

 

紫外線を浴びることで、目にある硝子体に活性酸素が発生します。

活性酸素によって、目の中にあるたんぱく質や脂質が酸化して、それがゴミとして硝子体の中で浮遊することによって、視界の中に点状や糸状の浮遊物が見えることになります。

通常であれば発生した活性酸素を分解する酵素が分泌されるのですが、加齢・ストレス・疲労などで酵素の分泌が減少し、飛蚊症が発症してしまうのです。

 

先天的飛蚊症

胎児の時に消失すべき硝子体の中の血管組織がそのまま残ってしまい、それが原因で硝子体が濁ってしまい、飛蚊症の症状がでます。

 

わたしは飛蚊症ではないので想像するしかできませんが、かけている眼鏡の隅に汚れがあって、どれだけ拭いても汚れが落ちないでずっと視界に入ってくる、というイメージで考えてみました。

この症状がずっと続く・・・となると、かなりストレスを感じてしまいます。

 

どうしてブルーライトが飛蚊症の原因になるの?

ブルーライトは、人の目で見ることができる光の中でもっとも強いエネルギーを持っている、波長が380nm495nmの青色に輝く光です。

ブルーライトは、紫外線に似てとても強いエネルギーを持っています。

その強いエネルギーのため、ブルーライトの光が目に入ると網膜に悪影響を与えて、硝子体の活性酸素が増える原因となってしまうのです。

 

飛蚊症は本来、中高年層に多い症状です。

しかし、パソコンやスマートフォン、LEDディスプレイの普及で、多くの人がブルーライトに当たる機会が多くなりました。

それによって、若年層でも飛蚊症にかかる人が多くなっているのです。

 

わたしは仕事でもプライベートでも、パソコンとスマートフォンをがっつり使用しているので、ただでさえ疲れ目で辛いのにいつか飛蚊症になってしまうかも・・・、とおそろしくなりました。

しかも、一度発症すると治療するのは難しいとなると、いかに予防をするかが大切ということになりますよね。

 

飛蚊症から目を守るための2つの予防法!

ブルーライトから目を守るためにするべき行動は?

 

硝子体の活性酸素を増やさないために、ブルーライトを浴びないように生活をすることが重要です。

でも、パソコンやスマートフォンを全く使わない、というのは難しいですよね。

 

そこでオススメなのが次の予防法です。

 

ブルーライトカット眼鏡の使用

JINSで、ブルーライトカット眼鏡を販売しています。

また、通常の眼鏡にブルーライトカットのレンズを入れることもできます。

「JINS PC」は、疲れと戦うメガネ「JINS SCREEN」へ
 

スマートフォンのブルーライト軽減モードの使用

端末自体に、ブルーライト軽減モードがある場合があります。

こちらは、Iphone SEでの軽減モードの使用方法の紹介の動画です。

 

こちらは、ブルーライト軽減フィルターというスマホアプリになります。

 

ブルーライトをカットする液晶保護フィルムの使用

ブルーライトカットの液晶保護フィルムの紹介の動画です。

 

パソコンやスマートフォンを使うなら、なるべくブルーライトの影響を受けないようにしましょう。

目が疲れることもよくないので、定期的に休憩をとるようにしてくださいね。

 

わたしは、ブルーライトカット眼鏡と、スマートフォンのブルーライト軽減モードを実際に利用しています。

特に効果を感じているのは、スマートフォンのブルーライト軽減モードです。

画面が全体的に黄色っぽくなってしまいますが、目の疲れを感じることが格段にへりました!

 

ブルーライトから目を守ってくれる栄養素とは?

 

飛蚊症の予防には、ルテインの摂取がおすすめです

ルテインには、ブルーライトのような有害な光から目を守ってくれる効果があります。

また、老化による目の病気にも効果もあります。

 

目に効果的なルテインですが、注意しないといけないことがあります。

それは、体内で合成できないので食事からとる必要があることです。

加齢やブルーライトを浴びることによって、体内のルテインは減少してしまいます。

なので、意識的にルテインを含む食材を使って料理をするといいですよ。

 

ルテインが多く含まれている食品

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • とうもろこし

 

これらの野菜は、まとめて茹でて冷凍しておくのがおすすめです。

わたしは実際にそうしてますが、忙しい時に、冷凍庫から取り出してささっと使えるのでとても便利ですよ。

冷凍する時に小分けにしておけば、スープの具にしたり、ほうれん草はおひたしにしたり、と気軽に毎日の食事に取り入れることができます。

 

とは言っても、「ルテインが豊富な食事を毎日作って食べるのは難しいな」と思っちゃいますよね。

わたしは料理が得意ではないので、よけいにそう思ってしまいます。

そういった人は、サプリメントで取り入れるのが楽ちんでおすすめです。

わたしはサプリメントを利用していますが、食事を気にしすぎなくていいので、気持ちが楽ですよ。

 

まとめ

飛蚊症は、視界の中に糸状や点状の浮遊物が見えてしまう病気です。

 

原因は次の2つがあります。

  • 生理的飛蚊症
  • 先天的飛蚊症

 

予防方法は、次の2つがおすすめです。

  • ブルーライトカット眼鏡等を使用してブルーライトを浴びないようにする
  • ブルーライトから目を守ってくれるルテインを食事に取り入れる

 

ここまで読んで「わたし、飛蚊症かもしれない・・・?」と思った方は、すぐに眼科を受診しましょう!

飛蚊症は、現代の医学では効果的な治療法はなく、完治を目指すのは難しい病気なので「わざわざ眼科に行かなくてもいいのでは?」と思うかもしれません。

ですが、飛蚊症は他の目の病気の前兆の可能性があり、失明する危険があります!

網膜剥離(もうまくはくり)という、網膜が剥がれ、視力が低下し、最悪の場合失明をしてしまうという目の病気あります。

この網膜剥離の前兆として飛蚊症の症状があらわれることがあるのです。

 

失明して、今まで通りの生活が送れなくなった時のことを考えてみてください。

わたしはパソコンを使用した事務仕事をしているので仕事は続けられないし、趣味の読書は一切できなくなって楽しみがなくなるし、外出するのもこわくて引きこもってしまうと思います。

今まで見えていたものが全く見えなくなるのは、想像以上にすごく辛いことです

失明なんてことにならないためにも、飛蚊症の症状が出たと思ったら必ず病院に行って診断を受けてくださいね。

 

また、今はまだ飛蚊症になっていない人も、いつ発症するかわかりません。

予防法をしっかり行って、飛蚊症が発症しないように努力していきましょう!

 

P.S.

記事の中でサプリを飲んでいることを紹介したのですが、

サプリって本当に楽でいろんな対策をしなくても効果が出てしまうので、

飲むのが楽しみになるぐらいサプリを愛用しています。

 

サプリは医学的に効果があるわけではないのですが、

目の健康を助けるための栄養がたっぷり入っているので、

ブルーライトや疲れ目対策にはばっちりなんです!

 

正直私はサプリって効果があると思っていなかったのですが、

病気になったらさすがに嫌だな、とおもって、

あまり期待せずにサプリを飲み始めてみたんですね。

 

そしたら、思いのほかサプリの効果を感じてすごく感動したんです!

 

それからというものの私はサプリを飲み続けていますし、

めちゃめちゃパソコンで仕事をした後でも

前より断然目が疲れにくくなっているのを感じて

飲んでいてよかったなって思っています。

 

サプリも意外と飲むのを忘れてしまうことがあるのですが、

会社にもっていくかばん中に入れるとか、

自宅の食卓においておけば必ず毎日目がつくので、

飲み忘れずに続けられています。

 

そのおかげあって私は

「目が疲れて本当につらい。。」

なんてことはなくなりましたし、

これまで効果を疑っていたのがウソのように

サプリを飲み続けています笑

 

そんな私が愛してやまないサプリについては

大好きすぎて3週間分もレビュー記事を書いてしまいました笑

 

私が一番効果を実感したのは1週間飲んでみたときが一番効果を感じたので、

私的には第2回の記事が一番おススメです!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^