【第3回】DESK RAKU~デスクラーク~を3週間飲んでみた感想!

どうもです!

花子です!

 

ブルーライトのダメージから守ってくれるサプリメントのDESK RAKU~デスクラーク~を飲み続けて約3週間が経ちました。3回目の感想について書いていきます!

サプリメントを飲み始めた最初の一週間と比べてどう変わったかを中心に紹介していきます!

デスクラークを飲んで感じた2つの効果は3週間後の感想とは?

前回の記事で、目が疲れにくくなったこと肩こりが辛くないという2つの効果があったという話をしました。

 

結果を先に言うと2つとも効果は持続しています。そして新たにもう1つの効果を実感しました。しかし、それと同時にサプリメントは万能薬ではないということにも気づかされたのです。

 

サプリメントを飲んで目が疲れにくくなった私は、調子に乗って毎日パソコンを長時間使っていました。サプリメントを飲む前は2~3時間連続でパソコンを使用していると目が疲れて絶対休まなきゃダメだったのですが、飲むようにからは一日中使っていても平気になっていました。

 

しかし、ある日朝から晩までパソコンを使っていたら視界が霞んできて画面がぼやけて見えるのです。すぐに寝ようと思って横になったとき、いつもの疲れ目の症状の一つである目の奥のジーンとした痛みが出てきました。

 

その時、サプリメント飲んでいるからといって、長時間目に負担をかけちゃダメだと強く実感しました。このまま寝ても良くならなかったらどうしようと不安を抱えながらその日は寝ました。

 

次の日になって起きたら、目の痛みや疲れがすっきり無くなっていました。確かに寝たらある程度は回復するのですが、以前だったら夜に辛い症状がでると起きた時も疲れを引きずっていることがほとんどだったので本当に驚きました。

 

今回は寝ただけで目の疲れが取れるなんてすごいと実感できました!さすがにその日からは、パソコンをずっと使わないように気をつけてはいます(笑)

 

デスクラーク感想と評価まとめ

今回私がDESK RAKU~デスクラーク~を飲んだ感想をまとめると

  1. パソコン作業をしていても目が疲れにくくなった
  2. 目から肩の血流が改善されて肩こりが辛くなくなった
  3. 目が疲れても回復するまでの時間が短くなった

 

たった1錠飲み続けるだけで、正直ここまで効果があるとは思っていなかったので嬉しい限りです。ただあくまでサプリメントは補助であって、普段から生活には気を使っていこうと思いました。

 

自分の身体を気遣うきっかけにもなったので、デスクラークを飲んでみて良かったです!これを読んだあなたもぜひ試してみてください。

 

↓↓↓ 私が飲み続けているDESK RAKU はこちら!!! ↓↓↓




ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^