視力低下しても回復したい!目の悪い私が試している視力回復方法2つ!

どうもです!

花子です!

 

私は小学校の時から、目が悪くて、かれこれ十数年間メガネやコンタクトをしています。

今の裸眼視力は0.06ほどで、メガネやコンタクトなしでは、1メートル先の文字すら読めず、生活に支障が出るレベルなんですよね。

 

ところが最近、酔っぱらったままコンタクトをつけっぱなしで寝てしまって、朝起きた時に「え??なんかすごい見える!!!」と思った時がありました。

寝ぼけているからコンタクトが入っていることに気づかなくて、目が覚めてから見える世界がいつもと違ってすごく感動しました。

 

目が良かったら、毎日目が覚めた時にこんな風にものがキレイに見えるんだなぁと思うと、そう見える人がなんだか羨ましくなります。

 

なので、なんとか今からでも視力が回復する方法はないかと思い調べてみましたので、その結果をご紹介します!

視力低下したら回復するの?視力低下の原因を知って視力回復の糸口に!

 

インターネットで検索すると、「視力低下したら回復しない」と断言しているサイトもあれば、「毎日の訓練次第で回復する」と書かれているサイトがあって、正直、眼科医でない私には、どちらが正解なのか分かりませんでした。

 

ただ、視力低下してしまったものを回復させるのはなかなか難しいけれど、これ以上視力低下させない方法を続けることで、視力が回復する可能性があるようです。

 

それを知って、私は嬉しくなりました!

 

そもそも、視力低下する原因は、目のピント調節をする筋肉が正常に働かなくなることです。

近距離の状態でものを長時間見続けることで、目のピント調節をする筋肉が凝り固まってしまって、違う距離を見ようとした時にその筋肉が緩まず、ピントが合わなくなってしまうのです。

 

例えば、本を読んでいる時や、パソコン、スマホで調べ物やTwitterなどのSNS、漫画アプリなどを使っていると、集中してしまっているので、気が付いたら結構時間が経っていた…ということはありませんか?

 

私は良くあるんですよね〜。

仕事が終わって、家に帰ってきて、寝転んでスマホを使ってSNSを見ていたりゲームアプリをやったりしていると、気が付いた時に2時間ぐらい経っていて、え?!もうこんな時間なの??と慌てることがよくあります。

 

この時、スマホを見ている目の筋肉は近距離にピントを合わせ続けているので、筋肉が緊張し続けているんですよね。

 

この状態が視力低下を進める原因なので、やめない限り視力回復は見込めません。

 

視力回復を目指す!目が悪い私も試している今からできる簡単な方法2つ!!

視力低下してから回復を目指すためには、

  • 近距離で長時間同じものを見続けないことで視力低下を防ぐ
  • 凝り固まった目の筋肉のコリをほぐして柔軟にする

 

この2つが重要になります。

では、私が実際に試している方法も含めて紹介していきます。

 

近距離で長時間同じものを見続けないことで視力低下を防ぐ

視力低下を防ぐことで、視力回復する可能性が出てくるので、まずは日常生活で視力低下を進めないことが大事です。

 

私が試している方法として、具体的には、

  • スマホを使う時は座って使う
  • 自宅で、インターネット検索やSNSを見る時は極力パソコンを使う
  • パソコンを使う時には、背中を椅子の背もたれにつける
  • 寝る前に、布団の中に入ってからスマホを使わない
  • 気が付いた時に、画面から目を離して、違うところを見る

 

スマホを使う時に、寝転がってしまうとどうしても目とスマホ画面が近くなりがちですよね。

だから私は寝転がってスマホを使うことをやめました。

寝転がらずにスマホを使うことって、方法としてはすごく簡単なんですが、実践しようと思うと、なかなか難しいんですよね。

やっぱり楽な体勢でいたいと思ってしまうので…。

 

でも、そこはなんとか「今後のために!」と言い聞かせています。

 

ただ、座った状態で小さい画面のスマホを長い時間使うのは、結構疲れるんですよね。

 

なので、パソコンでできる作業に関しては、パソコンでするようにしました。

パソコンの画面だと、スマホ画面よりも大きくなって見やすいからいいですよ。

 

日本眼科医会によると、目とスマホやパソコンの画面との距離は50cmくらいを推奨しています。

私は、パソコンを使う時に、画面に向かって前かがみになりやすかったので、背もたれに自分の背中をくっつけるようにしました。

こうすることで、必然的にパソコン画面と目との距離が離れやすくなります。

 

そして、スマホを使っている時も、パソコンを使っている時も、気が付いた時に、画面から目を離して、壁にかかっているカレンダーや時計、窓の外の風景をゆっくり見るようにしています。

こうすれば、近距離で固定されがちだった目の筋肉が、違う距離を見ることで緩ませることができますね。

 

私は、これらを実践することで、まずは、目が疲れたな〜とか、目がしぱしぱする…といった目の不調が少なくなりました。

それと、肩こりも改善されたので、体の調子がいいと感じることが多くなりました。

凝り固まった目の筋肉のコリをほぐして柔軟にする

目の筋肉のコリをほぐすために、私が試している動画です!

見るものを、指先→奥の壁→指先…というふうに交互に見ることで、ピント調節をする筋肉を柔軟に動かしています。

 

方法は簡単なんですが、これをやるだけでも、心なしか視界がクリアになる気がします。

特に、仕事中に根詰まってパソコン作業をしている時に効果を感じやすいのでオススメです。

 

もう一つは、

眼球を、時計の針を追うようにして、正面→12時の方向→正面→1時の方向→正面…と時計を一周してから、目をぎゅうっと閉じて、開くという方法です。

 

ポイントは、しっかり目を開いて「眼球が動いている!」と感じるくらいギョロッギョロッと動かすことです。

 

時計一周分もしている時間がない!という時には、12時・3時・6時・9時の4方向だけでも大丈夫です。

 

どちらの方法も、目が疲れたなぁと感じた時にやると気持ちがいいですよ。

私の場合、きっちり時間や方法を決めてやると、三日坊主で終わりそうなので、気が付いた時にやりやすい方法を試しています。

 

長く続けることが何よりも大事ですからね。

まとめ

  • 視力低下の進行を止める方法を続けることで、視力回復する可能性がある
  • 視力低下しないためには、長時間近距離のものを見続けない
  • 凝り固まった目の筋肉を和らげるために、目のストレッチをする

 

視力回復するてっとリ早い方法といえば、レーシック手術がありますが、手術となるとやっぱり不安になりますよね。

もし失敗したら…なんてリスクを考えると怖くてなかなか手出しができません。

 

でも、視力低下を防ぐ方法を毎日続けることで、もしかしたら視力が回復するかもしれないと思うと、試したくなりますよね!

 

私は、紹介した視力回復方法を試し始めてそんなに経っていないので、実際に視力が回復したかどうかの効果はまだ分かりません。

ただ、目の疲れはかなり改善された感じはします。

 

急激に視力回復することはないにしても、何年か経ったときに、コンタクトやメガネが見え辛くなって、作り直しに行ったら、あれ?ちょっとよくなってるじゃん!なんて日が来ることを信じています!

 

P.S.

私はこれ以上視力低下をしたくないのでこの記事で紹介したような対策をしていますが、

ちょっとめんどくさいな、と思ってしまうこともあって、

正直サボってしまうこともあります笑

 

ただ、これだけは実践しているということがあります。

それはサプリメントを飲み続けるということです。

 

サプリメントは飲むだけでいいのですごく楽に視力低下の対策をすることができます。

私は医療従事者ではないので薬事法として医学的にいいだとか悪いだとかははっきり書けないのですが、

サプリメントを飲み続けることでだいぶ目の疲れが軽減されました。

 

もともと目が悪いと普段から目が疲れるのは当たり前と思っていますが、

それでもだいぶ楽になったので飲んでみてよかったなと思っています。

 

私はあまり薬とかは好きではないし、

サプリも本当に効果があるの?

と思っていたのですが、

疑っていた自分が恥ずかしくなるぐらい効果があったので本当にお気に入りのサプリです。

 

この記事で私が実際に飲んで試した結果を3週間にわたってレビューしているので、

ぜひ参考にしてサプリの魅力を伝えられたらうれしいです!

 



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^