視力低下の予防に効果あり!三日坊主の私でも続いた超簡単な方法とは?

どうもです!

花子です!

 

私は、視力が悪く、裸眼視力0.06くらいしかありません。

裸眼視力0.06だと、椅子に座って、机の上のパソコン画面を見ても、サイト上の文字なんてぼやけてしまって全く読むことができないんですよね。

 

だから生活をしていく上でメガネやコンタクトは欠かせません。

 

でも、メガネやコンタクトは裸眼視力が低下するたびに作り直さないと見辛くなってしまいます。

作り直すには、お金もかかるし、休日の眼科診察の待ち時間って結構時間もかかるんですよね…。

 

なので、これ以上視力低下しないために、視力低下の予防法を調べました!

三日坊主の私でもできる簡単な方法ですので、ご紹介します。

そもそも視力低下の原因は?何気ない日常生活が視力低下を進めていた!

視力低下の原因に「ピント調節機能の低下」が挙げられます。

近くの物を長時間見続けることで、ピント調節をする目の筋肉の機能が低下してしまって、視力低下してしまうのです。

 

目には、見たい物にピントを合わせるために、近くを見る時には縮み、遠くを見る時には伸びる動きをする筋肉があります。

 

しかし、至近距離でものを続ける癖がついてしまっていると、目のピント調節をする筋肉が緊張してしまうことで凝り固まってしまってしまいます。

そして、遠くの距離のものを見ようとした時に、凝り固まった筋肉がうまく伸びることが出来ず、遠くの物にピントが合わない状態になります。

この状態が定着してしまうことが、「視力低下した状態」です。

 

じゃあ至近距離って、どのくらい?と思いますよね。

 

日本眼科医会の推奨している本やパソコン・スマホの画面と目との距離は「30cm〜50cm」なので、その距離以下が、ものを見る時の至近距離ということになります。

 

この至近距離で本やパソコン・スマホの画面を長時間見続けると、目の筋肉が緊張し続けて凝り固まってしまう可能性があります。

 

実際に、自分がいつも使っている状態を確認してみると、仕事中にパソコン画面との距離は30cmほどしか離れていません。

 

スマホは、家で寝転がって見ることも多く、だいたい目との距離が20cm未満。

特にひどかったのは、就寝前に布団に入ってから見る時!まさかの10cm位しかスマホ画面との距離が離れていませんでした。

この状態で小一時間くらい漫画アプリや、Instagram、Twitter、お買い物サイトなどをスマホ画面で見続けています…。

 

皆さんはどうですか?

今この画面を見ている距離はどれくらい離れていますか?

 

画面と目との距離が近い状態が長時間続いてしまうことで、目の筋肉が凝ってしまい、視力低下を進めてしまうのです。

三日坊主の私でも続く!視力低下の予防効果のある目の簡単なストレッチ!

視力低下の予防として、「ピント調節をする目の筋肉を凝り固まらせない」ことが大事です。

 

そこで、私が試したのは、目の筋肉のストレッチです。

この動画を参考にしました。

 

時計をイメージして目を大きく動かす方法です。

この動画では、視力回復という名目でやっていますが、実際に私は視力回復したという効果をまだ感じてはいないので、目の筋肉ストレッチとしてやっています。

 

目が良くなったら、ラッキーですね。

 

動画で紹介されている、目の筋肉ストレッチのやり方は、

 

  1. 手のひらで10秒間目を温める
  2. 目を大きく開いて12時の方向(真上)を見て正面に戻る
  3. 順に、1時→2時→3時…と目をぐるっと一周するように動かしていく
  4. 一周したら、目をぎゅっと閉じて、パッと開く
  5. 最後にまた手のひらで目を温める

 

やり終えると、目がすっきりした〜って感じになるんですよね。

視界が明るくなったような感じもします。

 

下の方を見るのが難しくて、最初は「眼球を動かしてる!」という感じがなかったのですが、何回かやるとコツをつかんできて、動かせるようになってきました。

 

ポイントは、

  • 眼球を動かすことを意識する
  • 適度に瞬きをして、目を乾燥させない
  • 気が向いた時にやる
  • 12方向全て見なくても、4方向などに省略しても良い

 

ということです。

 

私は、仕事の休憩中や、資料作成に行き詰まった時に気晴らしがてらやっています。

自宅では、お風呂に浸かっている時にやっています。

 

きっかり時間を決めてやろうとすると、忘れちゃうし、三日坊主で終わってしまうので、気が向いた時にやっています。

 

長い期間、続けるということが大事ですからね。

 

ちなみに、YouTubeで目のストレッチを検索すると、たくさん動画が出てくるのですが、いくつか見ると、画面の中をボールがいろんなスピードで動き回って、そのボールを目で追う…というのもが多くありました。

 

こういった動画も、凝り固まった目の筋肉を動かすということを目的としているんだと思います。

 

でもパソコン画面上に出てくるボールを追うという動作は、目の筋肉を動かしていると同時に、パソコン画面を見続けないといけないし、実際にやると、かなり目が乾燥するんですよね。

 

やる人によるのかもしれないけれど、私には合いませんでした。

まとめ

  • 視力低下の原因は、目のピント調節をする筋肉が凝り固まっていること
  • 視力低下を予防するためには、目の筋肉を動かして、凝り固まらせない

 

視力低下を予防する方法として、他にもたくさんあります。

でも、たくさんの方法をやると、それぞれ覚えないといけないし、意識しないといけないし、面倒臭いですよね。

しかも効果がすぐにあらわれるということではないので、なんだかやり損な感じもしてきます…。

 

私は、基本的に物事が続かない性格なので、毎日続けられるような簡単な方法をやっています。

 

紹介した目の筋肉ストレッチをやり始めて、効果はあったのか?と聞かれると、今はまだわからないですが、以前ほど「目が重い」「目が疲れている」という感じはしなくなりました

 

何年かしたら、「最近、メガネやコンタクトの度数を変えていない!」と実感できることを信じています!

 

ちなみに、老眼も目の筋肉の衰えが原因となっているそうなので、あわよくば、視力が良くなって、老眼も始まらなければ…な〜んて心のどこかで思ったりもしています。

 

P.S.

私は今回紹介した視力低下対策以外にもサプリメントでの対策もしています。

私はプロフィールにも書いた通り、

これまで目の疲れにはすごく悩まされてきました。

 

このままでは視力がどんどん下がってしまう、、

最悪目が見えなくなってしまったらどうしよう、、

 

目がこれ以上悪くなったら大好きな読書ができなくなってしまうかもしれない、

目が見えなくなったらこれまで通りの楽しい生活が送れなくなってしまうかもしれない、

 

そんな不安な思いから目の健康についてキチンと勉強して、

目の健康には気を使うようにしよう。

 

こんな理由から勉強と実践の理由づけのためにブログを書き始めました。

 

そんな私がこれまでたくさん目の健康対策を実践してきた中でも、

結果的にはサプリメントが一番楽で効率が良くて継続できる方法だ、

ということに気づいたんですね。

 

サプリメントは飲むだけでいいので今回紹介したような

無料の方法よりもちょっとだけ自分の健康のためにお金を使って、

目の健康が手っ取り早く手に入るのならなんで早く飲まなかったのか、

と思うぐらいです笑

 

というのも、私はサプリメントを飲むまではずっと無料の対策をしてきたのですが、

効果が出るのも遅かったですし、継続することをやめてしまったら効果が激減してしまったので、

ちょっとサボっただけでモチベーションがガクンと下がって対策をやめてしまったこともたくさんあったのです。

 

それに比べてサプリメントは飲むだけでいいので継続することも楽ですし、

ちょっとしたサプリケースを持ち歩けば家で飲み忘れてもすぐ飲むことができます。

 

なので、継続のしやすさ、効果の出る早さ、どちらをとってもサプリメントを取ることを私は勧めています。

 

そんな私が愛用しているサプリメントのレビューを3週間にわたって記事を書きましたのでよかったら見てくれると嬉しいです^^

疲れ目花子がDESK RAKU~デスクラーク~を3週間使って生活が変わった話とは?

 

健康は一度失われしまうと戻すのにたくさんの時間とお金がかかってしまいます。

最悪、元に戻らないこともあるので要注意です!

 

私の知り合いに緑内障という目の病気を患っている方がいるのですが、

もう、目が見えなくなることに対して諦めているそうです。

 

知り合いには失礼な話ですが私は緑内障にはなりたくないし、

目が見えなくなるなんて想像するだけで怖いと感じてしまいます。

 

疲れ目や眼精疲労から緑内障になることもあるので、

お金を使ってでも目の健康には気をつけたいと私は思っています。



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^