ブルーライトが白内障の原因?知らないと損をする失明から目を守るための方法2選

どうもです!

花子です!

 

わたしは、ブルーライトが原因で疲れ目になったり、睡眠不足になったりしてきました。

対策を調べて実践したおかげで、疲れ目や睡眠不足に悩まされることのない日々を過ごしています。

 

でも、対策を調べている時に、気になることを見つけました。

それは「ブルーライトが目の病気の原因になる」ということ。

なんと失明の可能性がある病気の原因になるそうなんです!

 

せっかく、疲れ目も睡眠不足も改善したのに、ブルーライトのせいで失明するかもしれないの?

仕事はやりがいがあって楽しいし、プライベートでも旅行に行ったり趣味の読書を楽しんだり、とすごく充実している毎日を送っているのに、失明してしまうような病気になってしまったら・・・と思うとすごくこわくなってしまいました。

 

ブルーライトは様々な病気の原因になりますが、今回は失明の可能性のある病気「白内障」について調べたことをまとめました。

白内障ってどんな症状?

白内障とは、水晶体が濁り視力が低下していく病気です。

最悪の場合、失明する可能性もあります。

 

失明してしまったら、今まで通りの生活を送ることはできません。

外出するだけで恐怖とストレスを感じてしまうし、仕事も遊びも今までのようにはできません。

その状態でずっと過ごさないといけになんてこわいですよね。

ただし、治療をちゃんとすれば失明することはないので、安心してくださいね。

 

初期では自覚症状がなく、進行しても痛みがないため気付きにくいのですが、次のような症状が発症します。

  • 視力が低下する
  • 視界がかすむ
  • 光をまぶしく感じる

 

白内障の原因で、一番多いのは加齢です。

早いと40代から発症し、年齢があがるごとに増加して、なんと80才以上はほぼすべての人が白内障を発症しているそうです!

加齢の他にも、紫外線や遺伝、他の目の病気等が原因の場合もあります。

 

ほぼすべての人が白内障を発症するということもびっくりですが、40代から発症する可能性があるということにすごくびっくりしました!

もし自分が発症するとしたら遠い未来のことだと思っていたのに、数年、10数年先には発症するかもしれない・・・

そして、もし気付けなかったら、失明するかもしれない・・・

 

視力が低下したり視界がかすんだりするのは、疲れ目や老眼でも出る症状なので、このような症状が出てもすぐに白内障と結びつけるのは難しいと思います。

もしもわたしだったら、このような症状が出ても「目が疲れているのかな?」と疲れ目を解消する方向へ向かってしまいそうです。

 

ブルーライトはどんな光?なぜ白内障を引き起こすの?

ブルーライトは、人の目で見ることができる光の中でもっとも強いエネルギーを持っている、波長が380nm495nmの青色に輝く光です。

ブルーライトは、紫外線に似てとても強いエネルギーを持っています。

 

紫外線が目にダメージを与えるように、紫外線に似たブルーライトもまた、目にダメージを与えてしまいます。

紫外線は白内障の発症・進行を早めてしまうのですが、ブルーライトもまた白内障の発症・進行を早めてしまうのです。

 

ブルーライトは、今のわたしたちの生活には欠かせないものですよね。

パソコンやスマートフォン、テレビのバックライト、LED照明など、たくさんの物に使われています。

その便利さと引き換えに、疲れ目や白内障等の目の病気になってしまうなんて、とてもこわいですよね。

 

ブルーライトが原因の白内障を予防する!誰にでもできる2つの方法

ブルーライトの光をなるべく目に入れないようにすることです。

ただ、ブルーライトを発する物すべてを身の回りから遠ざけるなんて無理ですよね。

わたしは朝はスマートフォンの目覚ましで起床して、出かける支度をしている時には、テレビでニュースを流し、通勤の電車内ではソーシャルゲームを。

仕事ではずっとパソコンを使いますし、帰宅してからも動画を見たりするのにパソコンを利用しています。

少なくともわたしは、スマートフォンもパソコンもテレビもない生活なんて耐えられません(笑)

なので、できる範囲で対策をしてあげる必要があります。

 

ブルーライトカット眼鏡の使用

眼鏡をかけるだけで目に入るブルーライトをカットしてくれる優れもの!

わたしは、パソコンを利用する時には必ずかけています。

本当はスマートフォンやテレビを見る時も付けた方がいいのですが、眼鏡をかけなれていないので、かけることに違和感を感じてしまって・・・(涙)

でも、目の病気になるのは嫌なので、これからはなるべくかけるようにします!

 

わたしはJINSのブルーライトカット眼鏡を利用しています。

種類が色々あるし、値段もお手頃なんですよ。

それに、ブルーライトのカット率が高いとどうしてもレンズが黄色くなってしまうんですが、JINSでは25%カットと40%カットのレンズがあるので、見た目が気になる人にぴったり!

わたしは40%カットの、いかにもブルーライトカット眼鏡!というのが好きではないので、25%カットを使っています。

本当は40%の方がいいんですが、何もしないよりはマシとわりきっています(笑)

眼鏡にこだわりがある人は、好きなフレームにブルーライトカットレンズを入れることもできますよ。



 

ブルーライトカットフィルムの利用

どうしても眼鏡をかけるのは嫌!

という方は、パソコンやスマートフォンにブルーライトカットフィルムを貼るのがオススメです。

特に、テレビは家族みんなが見るものですので、フィルムを貼ってあげれば家族の目をブルーライトから守ってあげられますよ。

例えば、ブルーライトを全く気にしていない子どもに、いくら「目が悪くなるから眼鏡をかけて」と言っても、言うことを聞いてくれないですよね(涙)

買い与えてもかけてくれずにそこらへんに放り出して、最後には踏んで壊してしまう・・・なんてありそうな話です。

テレビに貼れば、こんな苦労をしないですむのでオススメです!

オススメはこれ!と言えればいいんですが、サイズなどがありますので、検索結果のページから探してみてください。

 

テレビ用

ブルーライトカット テレビ

 

パソコン用

ブルーライトカット パソコン

 

スマートフォン用

ブルーライトカット スマホ

ちょっとした豆知識ですが、実は白内障になるとブルーライトの影響を受けにくくなるんです。

なぜかというと、白内障になって濁った水晶体にはブルーライトをカットする働きがあるそうです。

でも、発症した後に影響を受けにくくなっても・・・と思ってしまいます。

 

まとめ

ブルーライトは、紫外線に似た強いエネルギーを持っているため、紫外線と同じく

白内障の原因となってしまいます。

そして、白内障になると次のような症状があらわれます。

  • 視力が低下する
  • 視界がかすむ
  • 光をまぶしく感じる

 

白内障にならないためには、ブルーライトの光を目に入らないようにすることが重要です。

次のような方法で、ブルーライトをカットする日々を過ごしてください。

  • ブルーライトカット眼鏡の利用
  • ブルーライトカットフィルムの利用

 

白内障の一番の原因は老化現象です。

ですが、ブルーライトの光は白内障の発症を早めてしまいます。

いつか必ず白内障を発症するにしても、それは遠い未来の方がいいですよね?

 

実は、白内障は一度発症してしまうと、濁った水晶体が元に戻ることはありません。

発症した後は、残りの人生をずっと白内障と共に生きていかなくてはならないんです。

治療で使われる点眼薬は、実は完治を目指すものではなくて、進行を遅らせる目的で使うものなのです。

そして、薬でどうにもならなくなると、濁った水晶体を取り出して人口レンズを入れる手術を行うことになります。

 

眼から濁った水晶体を取り出す手術って、想像するとすごくこわいですよね。

水晶体を取り出す時に、失敗してしまったら?

手術自体は成功しても、結果がでなかったら?

手術のせいで、もっと視力が低下したり、失明してしまったら?

 

やらないですむなら、手術はやりたくないですよね?

そのためにも、ブルーライトからしっかり目を守って、「もしかしてこれは白内障の症状かも?」と思ったら、眼科に行ってお医者さんにきちんと診てもらってくださいね。

 

私の友人には白内障の方がいて、

「失明するのは時間の問題だし、あきらめている」

 

言っていました。

 

その友人は30代で白内障になってしまったので、

まだ年ではないからといって目に負担をかけ続けていてはダメだと、

自分事として気を付けないとダメなんだなと感じました。

 

P.S.

今回の記事ではブルーライトの対策方法について紹介しましたが、

今回ご紹介した方法のほかにも、

私は普段からこれだけは必ず続ける!と決めていることがあります。

 

それは毎日サプリメントを飲み続けるということです。

 

サプリメントは飲むだけでいいので続けるのが非常に楽で効果も出やすいので、

すごく重宝しているアイテムです。

 

私はこのサプリを飲み始めるまではサプリに効果があるかどうかなんて、

全然信じていなかったのですが、

目が悪い私にとってはこれ以上目が悪くなったら嫌だなと思い、

 

「ちょっとでも効果があったらいいな」

 

ぐらいの気持ちでサプリを飲み始めたのですが、

思いのほか効果が大きくてすごく感動したんですよね!

 

サプリは医療的に効果があるというよりかは、

目の健康に必要な栄養を備えたものなので、

対策としてはばっちりなんです!

 

もちろん、この記事で紹介した方法を実践するだけでも、

十分に目の疲れは改善されるのですが、

サプリほど楽な方法ではないです。

 

それもあって、私はサプリを飲み続けて目の疲れを軽減することができているし、

仕事とかでも目の疲れをほとんど気にすることなく生活できています。

 

なので、サプリを飲んでなかったら

今もこれからもずっと目が疲れている状態が続いていたと思うと

軽く恐怖です笑

 

ちょっと自分に投資して健康に気を使うだけで、

目の疲れとオサラバできるのであれば、

もっと早くからサプリを飲んでいればよかったなぁと思ってしまいます笑

 

そんな私が愛してやまないサプリについては、

大好きすぎて3週間分もレビュー記事を書いてしまいました笑

 

私のサプリへの愛がちょっとでも伝わったらうれしいです!

 

私が一番効果を実感したのは1週間飲んでみたときが一番効果を感じたので、

私的には第2回の記事が一番おススメです!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^