ブルーライトが原因の睡眠不足解消法とは?ずぼらな私でもできた2つの方法

どうもです!

花子です!

 

「すごく眠いのに眠れない」

こんな悩みを持ったことはありませんか?

 

わたしは、仕事が残業続きですごく疲れていて「家に帰ったら、ごはんを食べてお風呂に入って、すぐ寝よう!」と思っていていても、いざお布団に入ると眠いはずなのになかなか寝付けない、といことがよくありました。

眠いのに寝付けないことにすごくあせるし、次の日の仕事は寝不足から頭が回らずうっかりミスが多発して、同僚に迷惑をかけてしまう日々・・・

 

睡眠不足の原因には色々ありますが、わたしの睡眠不足の原因はブルーライトだったんです。

「寝る前にスマートフォンの画面を見ていると、眠れなくなる」というのは聞いたことありませんか?

これも実は、スマートフォンの画面が明るいことが原因、ではなく画面から出ているブルーライトの光が原因なんです。

 

どうしてブルーライトが睡眠不足を招くのか?

どうしたらブルーライトが原因で起こる睡眠不足を解消できるのか?

実際に、このことで悩んで解消方法を見つけたわたしが、ご紹介いたします!

睡眠不足になるとどうなるの?実は意外な症状も!

「睡眠不足って、次の日眠くなるだけでしょ?」

いいえ、違うんです!

それ以外にも睡眠不足には様々な症状があるんです。

 

人は睡眠することによって、疲れを回復し、壊れた細胞を修復します。

具体的には、次のようなことが睡眠をとることによって起こります。

  • 日中使った脳を休める
  • 新陳代謝をたかめる
  • 免疫機能を活性化させる

 

睡眠不足になると、上記のことが十分にできない状態になります。

そして、次のような症状があらわれてしまいます。

  • 疲労感が抜けない
  • 風邪を引きやすくなる
  • 貧血を起こしやすくなる
  • 幻覚や幻聴がおこる

 

わたしが睡眠不足になりやすいのは、仕事が忙しくなる時です。

いつもは夜更かしをしないように気を付けていますが、仕事が忙しい時は家に帰る時間が遅くなるので、家事をしてお風呂に入ればあっという間に0時過ぎ・・・なんてことも。

この時期は、なかなか疲れが取れず体調も崩しやすく辛い日々でした。

疲れがとれないのは睡眠不足が関係しているとは思っていましたが、まさか体調を崩しやすくなるのも睡眠不足が関係しているとは・・・

 

知らないと損する!?ブルーライトが睡眠不足を招く理由

ブルーライトが、どうして睡眠不足を招く原因になるのか知って、いますか?

 

人は、眠くなると脈拍・体温・血圧が低下し、自然と眠くなります。

その時、体に睡眠ホルモンが分泌され、脳が「もう、寝る時間なんだ」と認識して睡眠体制に入るのです。

しかし、夜になってもブルーライトを浴び続けると、脳が昼間と錯覚を起こし、睡眠に大切なホルモン分泌を妨げます。

この結果、本来出るはずの睡眠ホルモンが分泌されなくなって眠れなくなってしまうのです。

 

部屋の電気を消してお布団に入った後、眠くなるまでちょっとだけスマートフォンでSNSをやったり、ゲームをやったり・・・

これは、わたしが寝る時によくやっていた行動です。

ちょっと眠くなったところでお布団に入っているのに、気づくと目がさえて全然眠りにつけないんです。

明るいスマートフォンの画面を見てるのがいけないのかな・・・とは薄々思っていましたが、まさかブルーライトが睡眠ホルモンの分泌を妨げているなんて!

知った時、すごく驚きました。

 

わたしが実践した睡眠不足の簡単な解消方法

わたしはブルーライトが原因で睡眠不足になってしまいました。

睡眠不足は辛いので、どうにか解消できないかと調べて、実践した方法を紹介します。

面倒くさがりなわたしでもできる方法なので、とても簡単ですよ(笑)

 

就寝2時間前から、部屋の照明を暗めにする

部屋の照明には、ブルーライトを発生するLEDが使われていることが多いです。

なので、少し部屋の照明を暗くしてブルーライトの量を減らして、眠くなりやすい状況を作ってあげるんです。

わたしは、照明を暗めにした2時間をリラックスタイムにできるようにしています。

忙しい時は難しいけど、ストレッチやマッサージ、ヨガをしたり、アロマオイルを焚いてみたり・・・

この時間を取るのがなかなか難しいけど、できた時は本当にすっと寝付けます!

 

就寝1時間前にはブルーライトを発する画面を見ない

そうすることで、脳に「もうすぐ寝る時間だよ」と認識させることができます。

これは効果ばっちりです!

眠くてお布団に入った後に、寝付けないということが格段に減りました。

でも、たまに「寝る前に布団でごろごろしながら動画を見たい!」という時もあります(笑)

そんな時には、ブルーライトカット眼鏡を利用するようにしています。

目の疲れも軽減できるし、裸眼の時ほど眠くならないということもないので、一石二鳥ですよ。

 

まず、この2つから始めてみてください。

「え?これだけでいいの?」と思っている人が多いと思いますが、わたしはこの2点に気を付けるようにして、だいぶ解消できましたよ。

 

まとめ

睡眠は身体にとって、とても大事な役割を持っています。

睡眠不足の原因は様々ですが、ブルーライトが原因の睡眠不足を解消するオススメの方法は次の2つです。

  • 就寝2時間まえから部屋の照明を暗めにする
  • 就寝前1時間は画面を見ない

 

たった2つの簡単な方法を実践しただけで、わたしの睡眠不足は改善されました。

そして、ブルーライトは便利なものだけど、睡眠に悪影響があるということも改めて実感しました。

今後も、睡眠に限らずブルーライトには気を付けていかなきゃ!と強く思っています。

(わたしは仕事中にブルーライトカット眼鏡をかけたり、といったことをやっています)

 

あなたにも、まずはこの2つの簡単な方法をぜひ試してもらいたいです。

夜に寝付けないから寝坊をしてしまう、仕事中は寝不足で頭がぼーっとして仕事がはかどらない、休日に遊びに行くときには体調が悪くて楽しめない・・・

ずっと睡眠不足に悩み続けるのは嫌ですよね?

こんな生活を続けたくないですよね?

 

わたしはそんな生活をおくるのは嫌なので、少しだけ努力をしました。

あなたも少しの努力で、睡眠不足に悩まない日々を過ごしてください!



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^