ブルーライトから視力を守る!わたしが実践している超簡単な2つの方法

どうもです!

花子です!

 

わたしは、健康診断の時期になると心配している数値があります。

 

それは視力です。

遠くの文字が見えにくくなって昔より視力が下がっているのは実感しているのですが、毎年少しずつ下がっていく数値におびえています(涙)

体重と違って、視力検査の時だけ視力をよくする都合のいい方法はありません。

だから、視力は日々の生活で維持するように気を付けないといけないんです。

 

わたしは、毎日パソコンやスマートフォンを利用して、ブルーライトの光を浴び続けています。

ブルーライトの光は視力を低下させる原因になるので、何もしなかったらどんどん視力が悪くなってしまいますし、現にわたしも視力がどんどん落ちていってしまいました。

 

でも、「これ以上視力が落ちたくない」と、誰にでもできる簡単な方法を実践したことで、落ちていく視力に歯止めをかけることができました!

「こんな簡単な方法でよかったなら、もっと早くやっておけばよかった。そうしたら視力が落ちなかったのに・・・」とすごく後悔した時もあります。

ですが、この情報をシェアすることで、同じような悩みを持つ人の役に立つのではと思い、自分で調べた情報をまとめてみました。

 

あなたの視力低下の原因はブルーライトかもしれません。

きっと参考になると思うので、ぜひ読んでみてくださいね。

ブルーライトで視力が低下する仕組み

ブルーライトは、人の目で見ることができる光の中でもっとも強いエネルギーを持っている、波長が380nm495nmの青色に輝く光です。

ブルーライトは、紫外線に似てとても強いエネルギーを持っていて、パソコンやスマートフォン、テレビの画面やLED照明などから発せられます。

紫外線が目にダメージを与えるように、紫外線に似たブルーライトもまた、目にダメージを与えてしまいます。

 

そして、ダメージを受けた目には様々な症状があらわれます。

ここでは、2つの症状を紹介します。

 

疲れ目

ブルーライトの光は散乱しやすいため、ちらつきやまぶしさを感じやすくなります。

その時に、目の筋肉を使ってピントを合わせようとするために、疲れ目を招いてしまうのです。

疲れ目になると、目が痛くなったりかすんだり、目以外にも肩こりや頭痛といった症状を引き起こします。

症状が軽度のうちは、目を休ませてあげれば疲れ目は回復します。

ですが、目を酷使し続けてると目を休ませてあげても疲れ目は回復せず、視力が低下することもあります。

 

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

目の中に入ったブルーライトの光は、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで届き、網膜にダメージを与えてしまいます。

そして、この網膜の中心にある黄斑がダメージを受けることで加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)を発症する場合があります。

本来なら、名前の通り加齢により黄斑に障害が生じ視力が低下し最悪の場合は失明をしてしまう目の病気です。

ですが、ブルーライトが黄斑に直接ダメージを与えることで、患者数が増加しているんです!

 

ブルーライトによる視力低下を防ぐにはどうしたらいいのか?と調べていた時に、ブルーライトが失明を引き起こす原因になることを知って、すごく驚きました。

視力が低下しただけなら眼鏡やコンタクトレンズでフォローできますが、失明してしまったらどうにもなりません。

 

「もし失明したら、仕事はできなくなるし、大好きなドラマも見れないし、読書もできなくなる・・・。今までみたいな、毎日が充実した楽しい生活ができなくなっちゃう!」

このことに気付いてからは、ブルーライトによる視力低下対策について調べるのによりいっそう熱が入りました。

 

ブルーライトによる視力低下を防ぐためのお手軽な2つの方法

ブルーライトカット眼鏡の使用

わたしは、仕事や自宅でのネットサーフィンでパソコンを利用する時には、必ずブルーライトカット眼鏡をかけています。

スマートフォンを使用する時もかけたいところですが、短時間の利用の時はかけずに、動画を見るといった長時間の利用の時だけかけています。

必ずかける!と決めちゃうと、面倒くさくなって投げ出しちゃいそうなので、自分で続けやすい方法を選んでます(笑)

 

効果がない!という感想もインターネットで見かけましたが、わたしは効果を感じています。

ブルーライトカット眼鏡を使用していない時は、パソコンやスマートフォンを使用しているとすぐに目が痛くなったりかすんだりして辛かったのですが、かけている時はそういった辛さを感じることはありません。

ただ、調子にのって長時間使い続けていると、ブルーライトカット眼鏡をかけていても目に疲れを感じてしまうので、適宜休憩をとるようにしています。

 

わたしがかけているのはJINSのブルーライトカット眼鏡です。

あまりお金をかけたくなかったのでブルーライトカットレンズとフレームがセットになっている既存品を買いましたが、好きなフレームにブルーライトカットレンズを入れることもできるので、眼鏡にこだわりがある方にもオススメです。

 

ただ、問題点が1つだけあります。

それは、既存のブルーライトカット眼鏡は男女兼用なので、幅が合わずに下を向くとずれてきちゃうことです(涙)

お店の人に相談しましたが、顔が小さな女性にはサイズが合わないので、通常の眼鏡にブルーライトカットレンズを入れた方がいいですよ、とおっしゃっていました。

わたしは価格重視だったのでサイズが合わないのを承知して既製品を買いましたが、気になる人は通常の眼鏡にブルーライトカットレンズを入れてもらった方がいいですよ。

わたしはちょっと後悔してます(笑)

サプリメントの摂取

ブルーライトに効果があるのはルテインです。

ルテインには、ブルーライトを吸収・遮断する効果があるのです!

濃緑色の野菜(ほうれん草やブロッコリーなど)に含まれているので、毎日の食事に取り入れるのがオススメではあるのですが、いくら味付けを変えても毎日食べると飽きますよね。

わたしも、最初はサプリメントに頼りたくなくて、がんばってブロッコリーを毎日食べていましたが、飽きてしまうのと、元々食が細くて少ししか食べれなかったので、食事から摂取するのは難しいと感じました。

 

楽にルテインを摂取したい!と思って、サプリメントで取り入れることにしました。

レビュー記事で書かせていただいているのですが、前はパソコン作業をずっとしていると次の日も目の疲れが残っていたりしたのですが、これを飲み始めてからは疲れ目知らずで本当によかったですね。

疲れ目花子がDESK RAKU~デスクラーク~を3週間使って生活が変わった話とは?

 

実は、わたしはサプリメントなんてうさんくさい・・・と思っていました。

だけど、今はサプリ最高!というくらい信用しています(笑)

 

余談になってしまいますが、わたしの「サプリメントうさんくさい」感をなくしてくれがのが、ビタミンCのサプリです。

美容におすすめということで、価格も安いしこれなら失敗してもいいやと思って飲み始めましたが、すぐに効果が出始めました。

30を超えてからくすみがちだった顔色がすっきり!

その時にかかっていた風邪にも効果ばっちり!

この時初めて、「サプリメントってちゃんと効果あるんだなぁ・・・」と実感しました。

 

まとめ

ブルーライトは、疲れ目や加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)といった目の病気の原因になり、視力の低下や失明を招きます。

失明してしてしまったら、子どもの成長していく姿を見ることができなくなってしまいます。

子どもが結婚をして、孫ができて・・・、そんな風景を見ることもできません。

声は聞こえるし触れることもできるけど、見ることができないのはすごく悲しいことですよね。

 

視力を低下させないためには、ブルーライトから目を守る必要があります。

そこで、わたしが実践している方法は次の2つです。

  1. ブルーライトカット眼鏡の使用
  2. サプリメント(ルテイン)の摂取

 

どうですか?

「え?こんな簡単なことでいいの?」と思われたかもしれません。

もちろん、他にもいろいろな方法があります。

でも、継続は力なりと言いますし、簡単で続けやすいことって大事だと思うんです。

例えば視力低下を防ぐために、毎日3時間おきに薬を飲み、起きた時と寝る前に必ず30分かけて目のストレッチを行う・・・なんて、いくら視力のためとはいえ続けるのは難しいですよね。

わたしなら初日でやるのをやめてしまいそうです(笑)

なので、まず簡単で続けられそうなことから始めて、効果があればそのまま続ければいいし、なかったら他のことを試したりすればいいと思います。

 

ブルーライトは、目の病気や視力低下、失明の原因になります。

そんなことにならないためにも、ブルーライトから目を守ってあげなくてはいけません。

少しでも長く目が健康でいるためにも、ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

 

P.S.

私は疲れ目の対策としてサプリメントを強くお勧めしています。

サプリメントはとにかく続けるのが楽なのが素晴らしいです。

 

他の無料でできる対策は継続するのが大変だったり、

一時的な対処法であることがほとんです。

 

ですが、サプリメントは根本的に目の内側からブルーライトなどの強い刺激から目を守るための栄養がたっぷりと入っているので、強い目を作ることにもつながるのです。

そうすれば大好きな読書やドラマをたまに見すぎてしまってもちょっとぐらい平気なのです。

 

一方で場当たり的にその場でマッサージしても数時間もすればまた目の疲れが復活した、なんて経験をした人も多いのではないでしょうか。

そんな理由で私はサプリメントをお勧めします。

お金を多少かけるだけで効果がこんなにも違うのかと常に実感しています。

 

私はプロフィールに書いてある通り目の健康にはうるさいです笑

目があまり良くないこともある手前、余計にです。

 

私が愛飲しているサプリメントについては3週間にわたってレビューをしていますので、目の健康に気を使うのであればぜひ見ていただけると嬉しいです^^

疲れ目花子がDESK RAKU~デスクラーク~を3週間使って生活が変わった話とは?



ここまで記事を読んでいただきありがとうございます!

花子でした!




============================================================

「疲れ目花子」というペンネームでブログ書いています!



私は日常生活でも仕事でもスマホやパソコンづけの毎日を過ごしていて


『このままいけば目が悪くなるんじゃ。。』


と思うぐらい目が疲れていました。



このままいくと失明してしまうのでは?

大好きな読書や旅行で景色を見ることもままならなくなるのでは?



そう思って

『目に関する健康』

についてめちゃめちゃ調べたんですね。



ブルーライトカット眼鏡

ブルーライトカットフィルム

ブルーライトカットアプリ

疲れ目用目薬




いろんなものを試しました。

正直全部やるには越したことはないのですが、

正直かなり大変ですよね笑


私のブログでは

”大事なコト” "簡単なコト"

に絞ってお伝えしています。


医学的な内容にもなるので

「面白くて勉強になる!!」

といわれるようなブログを目指して頑張ってます!!


参考にしていただければ幸いです!


そんな私のプロフィールはこちらになります。

============================================================

ABOUTこの記事をかいた人

花子お疲れ

私の職業柄、疲れ目に本当に悩まされてきました。 毎日毎日、パソコンとにらめっこして目が破裂するんじゃないかってくらい痛い日もありました。 目が充血すると見た目にも問題ありますしね( ; ; ) でも、色々調べるようになってからはどんなに仕事で目が疲れても、なんとか頑張れるようになったんですよね! サプリメントを飲んだり、ホットアイマスクをしたり、ブルーライトカットメガネを使ったり、色々試しました! でも、自分にあった対処法をするのが一番いいのだと実感してからは、それにあった対処をできるようになり、いろんな人にアドバイスするようにもなったので、ブログでもっとたくさんの人に疲れ目について知ってもらいたいな。と思ったのでブログをはじめました!^ ^